FAQ

セカンドカー割引は1台目と違う損保会社でも適用される⁈

投稿日:2016年12月8日 更新日:

Pocket

セカンドカー割引とはすでに加入している1台目の自動車保険に、新たに増えた2台目の自動車が適用される割引サービスです。損保会社にとっては複数所有新規割引と呼ばれているところもあります。ただし、2台目であればどの車でも適用されるわけではなく、必要な条件を満たさなくれはいけません。

セカンドカー割引の適用条件とは

1台目に求められる条件

・2台目の始期の時点で1台目の等級が11等級以上であること
・自家用8車種(自家用車)であること
・所有者が個人であること(法人は不可×)

 

2台目以降に求められる条件

・はじめて自動車保険に加入する車であること
・自家用8車種(自家用車)であること
・所有者が個人であり、1台目の記名被保険者(またはその配偶者、またはその同居の親族)、1台目の車の所有者 ※所有者がローン会社や、リース会社の場合は車検証に記載の使用者がこれにあたります。
・記名被保険者が個人で1台目の記名被保険者またはその配偶者、またはその同居の親族であること

 

一般的な家庭ならば、家族内で新たにもう1台車を買ったときに1台目の車の自動車保険が11等級以上であれば割引きがきくハズです。この場合、通常ならば新規では6S等級スタートですが7S等級から始まります。割引率は年齢条件によりますが最大約4割もあり、かなり安くなるので2台以上所有する場合はぜひ活用してください。

セカンドカー割引は1台目と違う損保会社でも適用できるのか?

自動車保険のことをあまり知らない人のほとんどはこう思っていると思います。「同じ保険会社同士じゃないとセカンドカー割引は使えないんじゃ…」普通はそう思うでしょう。かくいう私も保険関係に従事するまではそう思っていました。

しかし実際のところはそういったことは関係なく、他社同士でもセカンドカー割引は適用されます。例えば1台目がソニー損保で2台目を三井ダイレクトでもセカンドカー割引は適用されます。

ちなみに3台目でも4台目でもセカンドカー割引は適用されるので車を多く所有している家族の方はセカンドカー割引を使われると保険料を安く抑えることができます。

インズウェブ自動車保険一括見積もり

Pocket

-FAQ

執筆者:

関連記事

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の違い

事故に遭った場合、自分のケガまたは同乗者のケガに対する補償に人身傷害保険というものがあります。同じく自分または同乗者のケガへの補償に搭乗者傷害保険というものがあります。この2つの保険の違いを比べ、本当 …

ノーカウント事故とは?

何もなかった事になる事故ってあるの? ノーカウント事故は無事故と同じ扱いになります。他に1年の間に事故が無ければ通常通り等級は1つ上がります。各社やや違いはありますがメインになるノーカウント事故は同じ …

運転者を限定して保険料を安くしよう

保険料を安く抑えるにはいくつかの方法があります。 1つは補償内容を削る方法、もう1つは条件を限定することです。補償内容を削ってしまうと本当は必要なのに保険料が安くなると言う理由だけで、もし事故を起こし …

自動車保険の基礎

事故を起こした時のリスク みなさんは自動車を運転して事故を起こしてしまった時に どんなリスクが考えられますか? どんな事故でどんな保険で対応していくのか考えてみましょう! まずほとんどの人が重視してい …

車にいたずらをされたらどの保険で直すの?

車のキズの修理は車両保険が使えます 残念ながら人が大事にしている車にキズを付けるなどのいたずらをしたり、スーパーなどの駐車場での当て逃げやドアを開けた時にこちらの車のボディーをキズ付けたまま知らん顔で …