FAQ

年齢条件って? 運転者の範囲って?

投稿日:2014年9月29日 更新日:

Pocket

年齢条件の設定

みなさんの中には誤った設定で無駄に保険料を支払っている人がいます。
※別居の子供のために年齢条件を下げている等

家族設定 父55歳、母50歳、長男26歳(同居)、
次男21歳(県外の大学生、1人住まいで別居)

この場合の年齢条件の設定は誰に合わせますか?
正解は26歳の長男にあわせます。
21歳の次男はリスク細分型保険の年齢条件で説明した記名被保険者と配偶者、
及びそれらの方の同居の親族の中に当たらず別居の親族になるために
26歳以上補償の設定でカバーできます。

この家族構成のままで家族以外の人が契約車を運転しない場合は
家族限定特約の選択もありますが家族限定特約をセットした場合、
26歳以上補償に設定した年齢条件を21歳以上補償に変えなければいけません。
(21歳次男が別居の未婚の子のため)
どちらが保険料を抑えられるかは保険会社で見積もりをすれば詳しくわかります。

家族以外の人が運転する場合…
例えば上記の家族設定の場合で家族の知り合いが契約車を代理で
運転した場合にも年齢条件に関わらず補償されます
(家族限定や本人・夫婦限定をセットされた場合は補償されません)

わかりやすい例ではお父さんが契約車を運転してゴルフに行きましたが
帰りにお酒を飲んだために運転ができず会社の部下(20歳)に代わりに
契約車を運転して貰った。
この場合も26歳以上補償で契約していますが部下の年齢は20歳でも同居の親族または
別居の子でもないので補償の対象になります。(家族限定特約、本人・夫婦限定特約は除く)

少し違和感を感じる方も居るとは思いますが、年齢条件や運転者の範囲は
そういった約款になっていますので是非参考にしてください。

Pocket

-FAQ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

自動車に乗車以外で自動車事故に遭った場合は?

自動車から降りたときに遭ってしまった自動車事故は人身傷害賠償特約が使えます。しかしよく考えてみるとこの場合、相手の対人賠償保険が使えるから必要ないのではないかと思われる人は多いと思います。実際の損害額 …

自動車保険の基礎

事故を起こした時のリスク みなさんは自動車を運転して事故を起こしてしまった時に どんなリスクが考えられますか? どんな事故でどんな保険で対応していくのか考えてみましょう! まずほとんどの人が重視してい …

セカンドカー割引は1台目と違う損保会社でも適用される⁈

セカンドカー割引とはすでに加入している1台目の自動車保険に、新たに増えた2台目の自動車が適用される割引サービスです。損保会社にとっては複数所有新規割引と呼ばれているところもあります。ただし、2台目であ …

自損事故(単独事故)の治療費はどの保険?

居眠り運転や運転ミスで起こしてしまった自損事故…こんな場合どこから保険が支払われるんでしょう。車対車なら過失割合により相手の対人賠償保険、車の破損には対物賠償保険から支払われるのですが自損事故の場合は …

運転者を限定して保険料を安くしよう

保険料を安く抑えるにはいくつかの方法があります。 1つは補償内容を削る方法、もう1つは条件を限定することです。補償内容を削ってしまうと本当は必要なのに保険料が安くなると言う理由だけで、もし事故を起こし …