FAQ

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の違い

投稿日:

Pocket

事故に遭った場合、自分のケガまたは同乗者のケガに対する補償に人身傷害保険というものがあります。同じく自分または同乗者のケガへの補償に搭乗者傷害保険というものがあります。この2つの保険の違いを比べ、本当に自分にとって必要な保険がどうか考えてみましょう。

人身傷害保険と搭乗者傷害の保険金が支払われる対象者の違い

保険契約した自動車に搭乗した場合は人身傷害保険も搭乗者傷害保険も同じく搭乗した人全員が対象になります。ただし、人身傷害保険は記名被保険者やその家族が運転している車もその対象になりますが(※契約車搭乗中のみを選択した場合は除く)、搭乗者傷害保険は契約自動車に搭乗しているときの事故によって死傷した場合のみ補償の対象となるので範囲は狭くなります。

 

人身傷害保険と搭乗者傷害の保険金が支払われ方の違い

人身傷害保険の場合

ケガをした場合の治療費や休業損害、死亡した場合の逸失利益などが補償。わかりやすく言うと実際に窓口で支払った金額(実損払い)を過失割合に関係なく全額補償されるので自己負担がありません。(契約金額が支払額限度)

搭乗者傷害保険の場合

ケガなどによる死亡・後遺障害・入院・通院などに応じて、一定の金額が支払われる。(あらかじめ決められた金額)部位症状別と呼ばれます。例えば入院・通院4日以内は一律1万円、入院・通院5日以上は一律10万円や骨折なら〇〇万円など、症状が軽くても重くても決められた金額しか支払われない(定額払い)のが特徴です。しかも複数部位が骨折や重症を負った場合でも保険金額の高いほうの1つだけしか適用されません。

結局どちらに入っていればいい?

人身傷害保険と搭乗者傷害保険は1事故でどちらか片方だけということはなく、両方とも貰うことができます。しかし実際に事故に遭ったときには治療費(通院の交通費など含む)や休業損害が支払われることが第一でそれ以上を望むことはあまりないと思います。搭乗者傷害保険もいっしょにセットしておくと事故時には+αになるのですが毎月その分の保険料を支払い続けるのは得策とは思えません。

また搭乗者傷害保険しか入らない場合は、治療が長引いた場合や症状が重かった場合に定額払いだと治療代をまかないきれません。充分な契約補償金額を設定した人身傷害保険に入ることをお勧めします。

インズウェブ自動車保険一括見積もり

Pocket

-FAQ

執筆者:

関連記事

対物賠償保険を無制限にする理由

当たり前のように無制限になっている対物賠償保険ですが、ごくまれに1000万とか2000万などのように金額設定が無制限では無い人もいます。ほとんどの損保会社での対物賠償保険で無制限を選ばれていますが、無 …

自動車に乗車以外で自動車事故に遭った場合は?

自動車から降りたときに遭ってしまった自動車事故は人身傷害賠償特約が使えます。しかしよく考えてみるとこの場合、相手の対人賠償保険が使えるから必要ないのではないかと思われる人は多いと思います。実際の損害額 …

自動車保険会社を変更したいんだけど損しないの?

通常自動車保険会社を変更する場合、等級の継承はできますが中途切り替えとなり仮に無事故だったとしても等級は据え置きになり1等級アップすることはありません。現等級が15等級だった場合はもう1年間は15等級 …

セカンドカー割引は1台目と違う損保会社でも適用される⁈

セカンドカー割引とはすでに加入している1台目の自動車保険に、新たに増えた2台目の自動車が適用される割引サービスです。損保会社にとっては複数所有新規割引と呼ばれているところもあります。ただし、2台目であ …

no image

飛び石で窓ガラス割れちゃった。これどの保険が使えるの?

自分の車への補償ですから車両保険で直すことができます。 車両保険には「一般条件」と「限定条件」があり、一般条件は自損事故でも(無免許運転や飲酒運転以外)保険金が支払われますが限定条件である”車対車+限 …