FAQ

対物賠償保険を無制限にする理由

投稿日:2015年12月2日 更新日:

Pocket

当たり前のように無制限になっている対物賠償保険ですが、ごくまれに1000万とか2000万などのように金額設定が無制限では無い人もいます。ほとんどの損保会社での対物賠償保険で無制限を選ばれていますが、無制限の割合は70.5%〜95.2%(国内12社平均は93.4%)とまだまだ対物事故を起こした時のリスクを考えていない、または知らない人も多いのかもしれません。

なぜ対物賠償で無制限を勧めるのか?

・相手は車だけとは限らない
相手が車だけならばいくら高額でも何億円にもならないでしょう。しかし、宝石店やディーラーのショールーム、飲食店やパチンコ店などはどうでしょうか?この場合、修理費だけではなく休業損害も発生するのでいくらかかるのか分かりません。
判例1:1億3580万円 店舗(パチンコ店への衝突) 判決年月日1996年7月 東京地裁

・相手の車に高額な品物が積まれていて、高額賠償になることも。
壺や絵画のような美術品、呉服や毛皮などの高額な衣服を積んでいた車に衝突して高額賠償になった事例もあります。
判例2:2億6135万円 積荷(呉服・洋服・毛皮) 判決年月日1994年7月 神戸地裁

・電車との接触事故の場合、電車遅延・運休の損害遅延金で高額賠償になることも。 電車やバスなどの場合の逸失利益は高額賠償になることは間違いありません。これに加えて車両の修理金額、周辺の公共物や個人の家屋などの財産までが対象になった事例もあります。
判例3:1億2036万円 電車・線路・家屋 判決年月日1980年3月 福岡地裁

※社団法人 損害損害保険協会より

対物賠償を無制限にしても契約者を守れないことも

対物賠償が無制限でも唯一契約者を守れないパターンは時価額(法律上の賠償責任の限度額)を超えたときです。相手への補償が保険金額を上回った場合は、超えた部分は自費になります。しかも相手との交渉も自分でやらなければいけない場合もあります。(損害賠償の責任の額が明らかに保険金額を超える場合は保険会社による示談交渉不可の恐れがあるので)

近年は車齢9年以上の車の割合が40.3%と時価額が低い車も少なくはありません。こういった車と事故を起こすと時価額を超える修理費になり対物賠償が無制限でも時価額を超えた部分は契約者が支払わなければいけません。こういった場合は対物超過修理費特約なら最大50万円まで補償できるので安心です。

Pocket

-FAQ

執筆者:

関連記事

セカンドカー割引は1台目と違う損保会社でも適用される⁈

セカンドカー割引とはすでに加入している1台目の自動車保険に、新たに増えた2台目の自動車が適用される割引サービスです。損保会社にとっては複数所有新規割引と呼ばれているところもあります。ただし、2台目であ …

自動車保険の基礎

事故を起こした時のリスク みなさんは自動車を運転して事故を起こしてしまった時に どんなリスクが考えられますか? どんな事故でどんな保険で対応していくのか考えてみましょう! まずほとんどの人が重視してい …

年齢条件って? 運転者の範囲って?

年齢条件の設定 みなさんの中には誤った設定で無駄に保険料を支払っている人がいます。 ※別居の子供のために年齢条件を下げている等 家族設定 父55歳、母50歳、長男26歳(同居)、 次男21歳(県外の大 …

自転車保険の加入率は?

自転車保険の加入率は? 自転車保険の加入率は自転車保険を提供するエアーリンクが アンケートを2日間、自転車を利用している全国の28歳から49歳までの 主婦300名を対象にアンケートを実施した結果、約2 …

自動車保険って分割払いってできるの?

支払方法でお得になる場合もある 自動車保険の支払い方法は年払いと月払いがあります。一括で払う年払いだと通常の保険料、月払いだと数%高い保険料を払う事になります。 支払方法は銀行口座からの引き落としが基 …