自動車保険 見直し隊 見直し.com

補償内容を決めるコツ

自動車保険ってむずかしいし面倒くさいですよね!
でもホントは決める内容ってそんなにむずかしくはないんです。1つ1つの内容を理解しようとするとむずかしいんだけど大きく分けると2つにしか分かれてなくてどの部分を重視しているのかだけなんです。そうです、他人に対する補償、自分に対する補償の2つになります。

他人に対する補償を手厚くしたい場合

・対人賠償保険  他人に対する補償
・対物賠償保険 他人の財物(車や家、公共物も含む)
・対物超過修理費特約 他人の車の時価額を超えた修理費を補填(上限50万円)
・個人賠償責任補償特約 日常生活における他人のケガやモノ

他人に対する補償は万が一を考えると絶対に外せません。特に対人・対物は無制限以外の設定がある方が不思議です。事故の被害は必ずしも軽いものではありませんし、多重事故や家屋、または電車などにぶつかると無制限以外では心許ないですし、ましてや死亡事故や後遺障害を負わせてしまっては尚更のことです。

個人賠償責任補償特約は車とは関係のない日常生活での損害賠償に等級に関係なく使える上に年間金額も低いので入っておくと子供の自転車で他人にケガを負わせたり、または愛犬が他人に噛みついたりしてケガを負わせた場合にも使えるので便利です。持家の方は火災保険などに付帯してある場合があるので確認しておくと良いでしょう。

自分に対する補償を手厚くしたい場合

・車両保険 自分の車
・人身傷害賠償特約 自分、家族または同乗者
・搭乗者傷害保険 自分、家族または同乗者

人身傷害賠償特約については自分または家族、同乗者のケガなどに実際にかかった総損害額を設定した金額を上限に支払って貰えるのでこれも加入は必須です。自損事故にも使えますし、通常の相手のいる事故の場合もどんなに揉めていようが示談を待たずに請求できるのも安心です。車両保険に関しては大事な愛車なので必要に応じて入っておけば安心です。

この他にもたくさんの特約がありますが特に大事なのは対人・対物と人身傷害賠償です。搭乗者傷害に関しては実損払いである人身傷害賠償があるために必要性は低いと思われるので保険料を抑える意味では外すという選択も考えておきましょう。

自分・他人への補償表

比較項目他人への補償自分への補償
対人賠償保険(ヒト)○ 設定金額が上限×
対物賠償保険(モノ)○ 設定金額が上限×
人身傷害賠償特約(ヒト)×○ 設定金額が上限
搭乗者傷害保険(ヒト)×○ 定額払い(部位・症状別)
対物超過修理費特約(モノ)○ 時価額を超えた修理費(上限50万円)×
車両保険(モノ)×○ 設定条件に準じる(免責条件アリ)
個人賠償責任補償特約(ヒト・モノ)○ 車外での日常生活における損害賠償×

当サイト管理者の自動車保険内容

・対人賠償保険  無制限
・対物賠償保険  無制限
・人身傷害賠償特約 5000万円 (自賠責と合わせて8000万円補償)
・対物超過修理費特約 (時価額を超えて最大50万円補償)
・弁護士費用特約 (もらい事故に備えて)
・車両搬送時の諸費用補償特約 (レンタカー特約代わりに)
・車両保険 一般条件80万円 免責0-10万円 (愛車の時価額)
・個人賠償責任補償特約 (家族の自転車事故、日常の損害賠償に備えて)

こんな感じです。