自動車保険 見直し隊 見直し.com

自動車保険会社

代理店型自動車保険 目次

私が調べてピックアップしておいた代理店型損保会社の一覧です。
ダイレクト型よりも保険料は高くなりますが、代理店型のメリットである、
人が見える対応を最大限に利用できます。

代理店型自動車保険のメリット

ダイレクト型は損保会社の社員とのやりとりがメインになりますが、
代理店型での加入はほとんどの方が自動車購入時である
自動車ディーラーや自動車を購入した販売店、またはガソリンスタンドや
保険専門の窓口になります。
ですので、あなたが直接損保会社に交渉するよりも代理店に電話をして
損保会社に報告してもらうほうが交渉力はあります。
それだけではなく、保険業務だけでなくメインの業務にも差しさわりが
あるのでダイレクト型よりもないがしろにはされません。

損害拠点も多く、ほぼ全都道府県に配置されているので窓口が自分の
住んでいる地域に無いと言う事は無いので日本全国どこで事故を
起こしてしまっても速やかに対応して貰える安心感があります。

代理店型自動車保険のデメリット

ダイレクト型よりも保険料が高い事、これが一番です。
もう1つ、ここは大事なポイントですが、代理店ではありますが
片手間でやっているような代理店では意味がありません。
保険業務専門の担当スタッフが居るようなお店を選んでください。
見分け方は手っ取り早いのは専門スタッフが居るかどうか尋ねる事。
次に見るべき点は店内外に保険関係のPOP広告があるかどうかで
力の入れ方が分かります。

メリットの部分でも書きましたが保険の内容に詳しく、
損保会社への交渉力がある方がいれば高い保険料を払っても
事故を起こしてしまった時に交渉を有利に進めて貰えるので
高い保険料を払うだけの価値はあります。

ダイレクト通販型自動車保険 目次

私が調べてピックアップしておいたダイレクト通販型自動車保険の一覧です。
一般的には代理店型よりも保険料を安く抑える事ができます。
保険に少し詳しい方なら最大限に保険料を抑えることができるのが魅力の1つです。

ダイレクト通販型自動車保険のメリット

上記の通り、保険料を抑える事ができます。
たしかに代理店型には細やかなサービスは劣りますが
サービス内容は勝るとも劣らないので、保険に少し詳しい方なら
ダイレクト型はおすすめです。

ダイレクト通販型自動車保険のデメリット

そのまんまメリットとは反対に保険に少し詳しくない方の場合、
保険の組み合わせが難しく、万が一の事故時に補償内容が伴ってない
場合や、カバーしていると思っていた補償が入ってなかったりと
思わぬ事態に陥りやすいです。
理由は保険に詳しくないために、契約時に入っておきたい
補償に気が付かない事によることが多いためです。