自動車保険 見直し隊 見直し.com

他人の車で事故を起こしてしまった場合

 

Pocket

友人の車を借りたり、貸すことは無いことはありません。また上司の車を運転を頼まれたり、部下に運転を頼んだりする機会もあるでしょう。例えばそういった時に事故を起こした場合、どちらの自動車保険を使うのでしょうか?自分が頼んだ運転で事故をされた場合はまだ自分の保険を使うことに納得するとは思いますが頼まれた場合や貸した車で事故をされた場合はどうでしょう。

借りた車で事故を起こしてしまった場合

自賠法では、運行供用者(自動車を自分の思いどおりに使用できる状況で、自動車を運行することが自分の利益となる人)つまり車の所有者が被害者に対して責任を負わないといけません。なので貸した側も損害賠償責任があるのですがやはり借りた車で起こした事故である以上、自分で責任を取りたいものです。こんな状況になった場合は他車運転危険補償特約という特約を使うことができます。この他車運転危険補償特約が適用されないよくある条件は次の2つ

・記名被保険者が所有する自動車、および常時使用する車
・他人の承諾を得ずに他人の車を勝手に運転した場合(知らない場合も含む)

他にも適用条件外はありますが一般的なのはこの2つがメインです。
注意点としては記名被保険者はともかく夫婦限定などをかけていて、その子供が他人の車で事故を起こした場合などは適用条件外です。稀なケースではありますが全く可能性が無いわけではありませんので子供には他人の車を運転しないように説明した方がいいでしょう。

貸した車、運転を頼まれた・頼んだ車で事故を起こした(起こされた)場合

自分の車を貸す場合は万が一の事故後に責任の所在がどちらにあるか先にハッキリさせておきましょう。友人や知人との関係が壊れてもいいのなら自由にされても構いませんがそういったことを嫌うなら迷わず貸さない方が最良の方法です。

頼まれた場合も同じです、上司などは言いにくいかもしれませんが万が一事故を起こしてしまってから「知らない」と言われたり、限定条件などで自分の保険を使わないといけなくなったらたまったもんじゃありません。責任の所在を先にはっきりさせておくか断る勇気を持ちましょう。

頼んだ場合はどうでしょう。これは自分の責任で対応してください。それが嫌であるならば他人に車は貸さないことです。いずれのケースにせよ人間関係を壊す原因になりかねないので車の貸し借りはよほどの理由が無い限りしないこと、または自分の責任ですることをオススメします。

Pocket

 - FAQ