自動車保険 見直し隊 見直し.com

セゾン自動車火災

 

Pocket

40代・50代が保険料が最も安くなる
セゾン自動車火災で見積りをしてみよう!

おとなの自動車保険と言うネーミングで販売していますが、その名の通りに40代・50代をメインターゲットとして、事故率の低い世代を中心に割引率を高くして顧客の囲い込みを狙っています。損保ジャパン日本興亜と同じグループ会社でそのネットワークを使ったサポートで約260の損害拠点からの事故対応は魅力の1つです。

☆良いクチコミ

・担当者の方から、まめに連絡をいただきていねいに対応していただきました。 ありがとうございます

・相手方が100%の事故のため自分の保険は関係ないと思っていましたが、自分の保険金が支払われるということを教えていただき感謝しています。教えていただかなければわからないことだったのでありがとうございます。

・終始、当方の主張に対してよく耳を貸してくれ、一般的判例に基づく考え方を押し付けることもなかった。

☆悪いクチコミ

・当初担当者がその都度変わり、こちらから連絡しても一から説明しなければならなかった。専任担当者制にすべき。

・途中経過の連絡がなかなか無く、当方より電話することが度々ありました。

・事故後保険金支払いが時間がかかり状況報告が少なかったのでわかりにくかった。

-セゾン自動車火災の自動車任意保険の特徴-

大きな特徴は上にも書きました通り、40代・50代と事故率の低い世代の保険料が最も安くなる仕組みとなっています。基本補償は対人・対物が無制限でセット、他車運転特約と無保険車傷害特約が自動付帯となり、その他の特約を追加していく一般的な内容です。特徴としては自転車傷害特約があり、個人賠償責任特約は相手側のケガなどには支払われますが、自転車傷害特約は自転車事故で自分自身のケガに支払われます。

事故を起こしてしまった場合もすべてのご連絡を事故解決ナビゲーターが行い、対人事故、対物事故などをエキスパートチームと連携し、事故の解決をスムーズに進めます。

ロードアシスタンスがオプションなのがマイナス点だと思うのですが、セゾンの考え方としては、「すでに会員制ロードサービスやクレジットカードの付帯サービスなどの他のロードアシスタンスにご加入の場合、ロードアシスタンスをセットしないことにより、その分の保険料を節約することもできます」とありますがオプション設定にすることによりどの程度保険料を抑える事ができるのかが疑問ですし(HPでは30代の方が約2000円、50代の方が約2500円)、JAF会員のサービス(一年分入会金2000円、会費4000円)よりも損保会社のロードサービスが充実していて価格も安いので個人的な意見ですがJAF会員よりも損保会社のロードサービスを利用した方がユーザー側のメリットは大きいのかな?と感じます。

JAF人に入るサービスであり会員であるならどの車でもサービスを受ける事が可能(例、レンタカー・会社の車・友達の車)

損保会社車に入るサービスなので契約車以外はサービスを受ける事が出来ない。

JAFのメリットは自宅駐車場や公共駐車場など路上以外の場所へ来てくれる事と契約車以外でも会員の方が運転中、もしくは同乗中のどちらでも利用できるくらいしか見当たらないので、契約車以外(レンタカー・会社の車・友達の車)の車を使うことが多い方はJAF会員も利用した方がベストです。そんな事は少ないまたは無いという方はJAF会員になる必要は少ないでしょう。

HPにも書いてありますが実際にはロードアシスタンス特約に80%の方が加入しているそうです。割引サービスですがインターネット割引が一時払いの場合、10000円割引と割引幅も大きく新規だけでなく継続契約でもインターネット割引は10000円と嬉しすぎるサービスです。
証券発行を不要とした場合は、600円割引やおとなの継続お早め割引などで満期日前日から数えて30日前までに継続手続きをした方には、400円割引とその他にも割引サービスがあるのでお得感はかなりあります。ご自身が40代・50代で子供が車を運転する年齢になられた方には保険料が安く抑える事ができるので切り替えを考えておられる方は見積もりをしてみても良いと思います。

関連記事 こちらも合わせて読まれています

Pocket

 - ダイレクト通販型