自動車保険 見直し隊 見直し.com

セカンドカー割引は1台目と違う損保会社でも適用される⁈

 

Pocket

セカンドカー割引とはすでに加入している1台目の自動車保険に、新たに増えた2台目の自動車が適用される割引サービスです。損保会社にとっては複数所有新規割引と呼ばれているところもあります。ただし、2台目であればどの車でも適用されるわけではなく、必要な条件を満たさなくれはいけません。

セカンドカー割引の適用条件とは

1台目に求められる条件

・2台目の始期の時点で1台目の等級が11等級以上であること
・自家用8車種(自家用車)であること
・所有者が個人であること(法人は不可×)

 

2台目以降に求められる条件

・はじめて自動車保険に加入する車であること
・自家用8車種(自家用車)であること
・所有者が個人であり、1台目の記名被保険者(またはその配偶者、またはその同居の親族)、1台目の車の所有者 ※所有者がローン会社や、リース会社の場合は車検証に記載の使用者がこれにあたります。
・記名被保険者が個人で1台目の記名被保険者またはその配偶者、またはその同居の親族であること

 

一般的な家庭ならば、家族内で新たにもう1台車を買ったときに1台目の車の自動車保険が11等級以上であれば割引きがきくハズです。この場合、通常ならば新規では6S等級スタートですが7S等級から始まります。割引率は年齢条件によりますが最大約4割もあり、かなり安くなるので2台以上所有する場合はぜひ活用してください。

セカンドカー割引は1台目と違う損保会社でも適用できるのか?

自動車保険のことをあまり知らない人のほとんどはこう思っていると思います。「同じ保険会社同士じゃないとセカンドカー割引は使えないんじゃ…」普通はそう思うでしょう。かくいう私も保険関係に従事するまではそう思っていました。

しかし実際のところはそういったことは関係なく、他社同士でもセカンドカー割引は適用されます。例えば1台目がソニー損保で2台目を三井ダイレクトでもセカンドカー割引は適用されます。

ちなみに3台目でも4台目でもセカンドカー割引は適用されるので車を多く所有している家族の方はセカンドカー割引を使われると保険料を安く抑えることができます。

インズウェブ自動車保険一括見積もり

Pocket

 - FAQ