自動車保険 見直し隊 見直し.com

交通事故を起こしてしまったら…被害者編

 

Pocket

交通事故を起こしてしまったら…被害者編

運悪く自分が被害者になってしまった時はケガが無い場合は
まずは落ち着いて相手の車のナンバー、免許証に記載の名前、住所、
連絡先
などを控えましょう。
それと同時に警察への連絡も忘れないようにしてください。
その後、保険会社にも連絡をしておきましょう。
100:0の場合は保険会社は入る事は出来ませんが少しでも
過失割合がある場合は保険会社に任せておきましょう。

そして、その場で大きなケガが無い場合でも必ず病院に行って
医師の診断を受けてください。

物損事故で終わらせた場合も、数時間後もしくは何日か経ってから
痛みを感じてきたり違和感を覚える事もあるので、異変に気付いた場合は
病院に行って診断書をもらいます。
その後、所轄の警察署へ行って「物損事故」から「人身事故」に切り替えて
もらうように申し出て下さい。
万が一、手続きを怠ると相手の保険会社へ治療費等の請求をする場合に
支障が生じる場合があります。

過失割合の決められ方

事故を起こしたことがある方ならご存知でしょうが、停車中の車に衝突した場合や 後方からの追突などで無い場合、100:0(加害者が100%損害賠償責任を負う事)に なることはほぼありません。 動いている車同士の事故の場合は両者に過失があると判断され、 90:10や80:20のように被害者側にも少なからず損害賠償責任を問われます。 全く自分に非が無いと思われる事故の場合もこの過失割合がついてまわります。 さて、この過失割合とはどこで決められているのか?どういう判断なのか? 疑問に思われる方もいるでしょう。 この過失割合とは判例タイムズと呼ばれる過去の自動車事故について裁判が行われた 判決に基づいて算出された物なので公平です。 しかし、あなたが起こされた事故と全く同じではないかもしれません。 その事故内容次第では修正要素があるかも知れません。 どうしても過失割合に納得がいかない場合は、その旨を保険会社に伝えてみましょう。 判例タイムズを例に出された場合はその一例を見せて欲しいと伝えてください。 もしも裁判の話を出されたら弁護士費用特約を付帯していれば安心して弁護士に 任せておけば良いでしょう。

Pocket

 - 交通事故を起こしてしまったら…