自動車保険 見直し隊 見直し.com

自動車賠償責任保険(自賠責保険)

 

Pocket

自賠責保険

自賠責保険とはすべての自動車 、バイク(二輪自動車、原動機付自転車)を運行するにあたり加入を義務付けられているために強制賠償保険、”強賠”と呼ばれたりします。

補償できる範囲

この自賠責保険は”交通事故による被害者を救済するため”に作られています。ですので対人賠償事故は補償されますが、”物”は補償範囲に含まれません。したがって被害者を交通事故でを死亡させてしまったり、ケガを負わせてしまった場合のみ補償されます。

 損害の範囲被害者1名あたりの
支払限度額
ケガ治療関係費、慰謝料など最高120万円
死亡葬儀費、慰謝料など
(本人および遺族)
最高3,000万円
後遺障害逸失利益、慰謝料など後遺障害の程度に応じた等級によって75万円~4,000万円※

※神経系統・精神・胸腹部臓器に著しい障害を残して介護が必要な場合
 常時介護:4,000万円(第1級)、随時介護:3,000万円(第2級)
※上記以外の後遺障害
 3,000万円(第1級)~75万円(第14級)

そして自賠責保険は相手のケガ、死亡事故には支払われますが運転者自身のケガには支払われません。

被害請求

自分が被害者になった場合で、加害者側が対応が悪い場合は相手から保険金が請求できないことがあります。しかし上記にある通り、自賠責保険は被害者救済のためにあるのでこの場合、被害者が損害賠償額を直接請求することができます。

ひき逃げ・無保険だった場合は政府保障事業によるてん補金があります。政府保障事業への請求は、損害保険会社で受け付けていますので、詳しいことは損害保険会社の窓口で聞かれると良いでしょう。

しかし、実際のところは人身事故を起こしてしまい、しかも死亡事故や後遺障害ともなると最高の3000万円では足りない場合があり、この場合の差額は自己負担になります。

その上に事故で建物を損壊してしまったり、電車を止めてしまった場合も補償されないので自己負担になります。参考までに電車を止めたり損壊した場合の損害請求金額は1億円〜2億円と損保ジャパン日本興亜のホームページ内に書いてありました。

参考ソース
電車を止めた場合の賠償額

このように強制保険である自賠責保険だけでは事故を起こした場合に補償される金額は全然足りません。ですの任意加入である自動車保険には必ず加入しておいた方が良いでしょう。

Pocket

 - 自賠責保険