車関連ニュース

自動ブレーキ搭載車の保険料が下がる?

投稿日:2016年4月20日 更新日:

Pocket

自動車メーカー各社が力をいれている”自動ブレーキ”、これはいったいどういったものでしょう。簡単に説明すると障害物や人をカメラやセンサーを使い衝突事故を回避するシステムを言います。センサーは大きくわけると3つでミリ波レーダー、ステレオカメラ、赤外線レーザーで、どれも長所も短所もあるので各メーカー統一されてなく用途やコストによって使い分けています。

※参考ソース
 ・日経トレンディ “ぶつからないクルマ”で大ヒット、「自動ブレーキ機能」は各社でこんなに違う!

【ぶつからないクルマ】「自動ブレーキ」の各社比較

1e5f6820ea2fdfe00b2e57762ff1411c_s

自動ブレーキ搭載車で契約した場合、自動車保険料はどうなるのか?

2017年1月より損保各社では、自動ブレーキなどの先進的な安全装置を搭載した自動車の保険料を平均で10%程度割り引く方針が固まったようです。しかし、実際の自動ブレーキ搭載車の事故率は6割も減っているのに1割しか保険料が下がらないのは不思議だと感じるのは私だけでしょうか?

自動ブレーキには車や2輪車、人を感知するものでは30km以下(50km以下のものもあります)の速度差なら衝突を回避または被害軽減できるものもありますが、時速30km以下での走行時に車に対してだけ自動ブレーキが働くものが多いので単純に6割保険料を下げる訳にはいかないのはわかるのですが1割減というのは改善の余地があるのではないかと思います。

Pocket

-車関連ニュース

執筆者:

関連記事

テレマティクス保険とは?

最近注目を集めているテレマティクス保険とは、自動車とドライブレコーダーや専用端末で通信してドライバーの運転情報を分析して保険料を算出する新しい自動車保険のカタチです。

no image

自動車保険を見直す機会はいま!

自動車保険の内容を見直す、または乗り換えを考えている人は今が良いタイミングです。年間を通じて2~3月は契約者数が最も多いために各損保会社は顧客を集めるために色んなキャンペーンなどを行います。また、自動 …

借りた自動車専用の自動車保険

車を自分で所有していない人、特に車離れが進んできている若者向けに新しく商品化した自動車保険です。 一日単位で契約できる自動車保険が便利と話題に 三井住友海上「1DAY保険」 あいおいニッセイ同和損保「 …

2015年4月以降、軽自動車税増税へ

2015年4月以降、軽自動車税増税となりました。以前は7200円/年でしたが今回の増税で現行の1.5倍の10800円/年になります。現時点では新車登録の車両を限定にしており、現保有車は据え置きの720 …

燃費を良くする方法

燃費を良くする9つの方法 ガソリン代がここまで高騰すると当然燃費が気になりますよね。 世間でよく言われている豆知識的な情報を挙げて見ます。 タイヤの空気圧を1割上げる 車の中の不必要な物をおろす推奨オ …